スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

架空-tale Party 初日の巻



キマシタヨー
ということで初日の感想!
1-A…ゆP、桜飯P、宗像氏貞P

ゆP:真/しき
まずOPで視聴者の目を引きつつ、あらすじで原作を知らない人への配慮もあるのは
企画のトップバッターとして○。
V&Bは未プレイですが、「とりあえず召喚された」パターンで戦記分を補填して
内容自体は修羅場トリオのラブコメがメインというのも入りやすく感じました。

桜飯P:春香/修羅場
修羅場の後で修羅場、というのはコメでも言われてるとして。
小鳥さんメインは紙芝居ならではの要素の一つだと思うのでその辺評価です。
あとは、Pは天然フラグ折りが似合う人だなぁとw

宗像氏貞P:雪歩/コンプレックス
律子の野望の外伝。
りつやぼは復帰前は熱心に追ってたのですが、製作側に回ったり私事に追われたりで
その後は見てなかったんですよね。
400年後~のくだりといい、実際の日本戦史という路線をうまく落とし込んでいるのと
淡々としながら情のある文体は健在で楽しめました。
企画内で「戦記らしい」動画として多くの人に見てもらえるのは、いいことです。

1-B…ゴキ禅P、chicoryP、森江春策P

ゴキ禅P:千早/美女と野獣
製作の裏側までぶっちゃけた上で、徹底して自分のワールドに引き込むというのは
ノーガード戦法としてとにかく笑える一つの芸風ですねー。
「貧乳」だけど「王子」という冒頭からツッコミどころしかない掴みがツボ。

chicoryP:あずさ/おみくじ
あずささんが迷わない、という「異常」からさらなる「異常」に繋ぐ導入がシンプルにして良。
アイマスキャラの東方改変は巫女春香までまったく気づきませんでした。
幻想郷らしいあっさりとした帰還から、そこに余韻を交えて印象深くする結びもうまいですね。

森江春策P:美希/姫
タッチ的に架空戦記でもノベマスでもない、という意味では異種作。
ただ、ストーリー動画としてはムチャクチャな流れに見えて実にキレイなんですよね。
アイドルという元来の設定を、より鮮やかに昇華しています。
撮影風景を動画の状態でぐりぐり動かすという見せ方もそれを飽きさせない。

けど空飛ぶ機関車は飛び道具すぎてずるいw

1-C:CAPRIP、ニシンP、陽一P

CAPRIP:千早/乱
混乱、一心不乱、性の乱れ、色々とミーニングがかかっていますね。
原作にない描写の補完は二次創作SSの基本ながら、短い時間内でうまく収まってます。
千早は世間と比べて一本ずれてるピントも特徴なので、そこが出ていたのも○。

ニシンP:亜美真美/神楽
テーマの捻りでは現時点で一位。
見終わった直後に神楽がどこに出たか覚えてる人は、はたしているのか。
それでもMADテープからこのBGMなのかと気づいた時はびっくりしましたがw
輝けたいよう~

メタネタ含む他のネタラッシュや武将壊しも戦記っぽくてナイス。

陽一P:雪歩/薔薇
雪歩の二面性、積極的に他者には関わらない、本番に強い…をこう表現するとは!
という面では、もっとも感心したかもしれません。
雪歩って自分だといまいち書きづらいので、なおさらですね。

文章から動きが想像できるのも好ポイント。
敵が基本棒立ちして銃を撃ってるザコキャラ(褒め言葉)なので
雪歩のみに集中できるからでしょうか。
あと、テーマ消化を兼ねた選曲が好みとしては直撃でした。

1-D…seimP、いちじょーP、うさちゃんP

seimP:亜美真美/花
この辺でいったんクールな路線にいくかなー、と思いましたが、やはりといった感じ。
隔離空間での淡々としたやり取りを、亜美真美の子供らしい部分がうまくオブラートに
包んでいるからこそ、それが破れた時の恐怖感がいや増します。

しかしこれ、バレた後の相手の客観視したモノの語りから穿った見方をすると
「亜美は実は本物。まだ生きてたけど何かが憑りついてただけで、
 結果的に手をかけたのは落とした真美」
なんて思ってしまったわけですが…どうなんですかねー?

いちじょーP:律子/水仙
続けてしっとりと見せるスタイル。
アイドルというよりパートナーな律子のスタンスが、うまく出ています。
個人的には、これは5分にこだわらず2、3分に収めてよかったと思いますね。
ストーリー性を持たせつつも、本家のkaku-taleに近い作風だなーと。

うさちゃんP:やよい/負
なんというか、うさちゃんはサービス精神の旺盛な人だなぁ…と改めて。
他の人の何かをピックアップする、というのは素直な持ち味。
あと、なんだかんだで戦記の「戦」の部分があるのも良し。

フヒ分はどーなんだろ、と思ったりもしますが、今回は全体の紳士分が少ないですねw

1-E…はいたんP、山川出版P、????P

はいたんP…律子/雨
ここでまた抑えた形に。
サービスカットでいったんムードを和らげつつも、密かに事態が進んでいくというのは
理論で考える律子だからこそ、未知への不安感がより膨らみます。
律子に起こったのは車に轢かれかけたことのみで、「律子に直接危害があった」
描写がないのも、直接的な描写で視聴者を引かせず表面上は安心して見れます。
だからこそ、取り返しがつかないことに気づいた時はもう遅い、と。

山川出版P…やよい/むだづかい
内容自体はごくごくちゃんとしたある日の日常的なお話。
P、真、律子等のサブキャラも実にいい味出してます。

特徴はコマ割マンガとしてパラパラと切り替えて動く点でしょうか。
ただ、フェード等の画面効果がないためか、どうしても繋ぎ目で目が泳ぐ部分が。
マンガということなら、まず俯瞰で全コマを見せて視聴者に流れを想像させたり
1Pマンガ風に枠の幅を切り替えたりするのもよかったかもしれません。

それとガンダムの戦記はいつからですか!超期待してますからね!

????P…伊織/月と太陽
シクレが誰だったのか、は皆様の目で確かめていただくとして。
伊織は元々対比で栄えるキャラなので、月と太陽というテーマはしっくりきているのですが
そこを仰々しく取り上げず自然と見せるのはうまいところ。
伊織の外面と内面の差を選択肢で取り上げつつ、ツッコミどころを常に保つのも
視聴者の求める部分をうまく狙っています。
実質オールスターなのも個人的にプラス。


とまあ、ようやっと書き終わりました……。
さて、二日目はどうなることやら。
スポンサーサイト
00:22 | 架空戦記 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
架空-tale party 二日目の巻 | top | 架空tale Party

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://nemomo765.blog118.fc2.com/tb.php/43-852c2236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
↑映画『海の上のピアニスト』(原題:\"The Legend of 1900\")より。 いよいよ今夜から始まりました「iM@S 架空tale Party」。 【ニコニコ動画】アイドル...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。